タイトル−のんび便り
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer
 ◆ 2006・そば種蒔
 2006/07/31

 ここ伊那谷にも大きな爪痕を残
していった梅雨も明けたとの事、
しかし少し違う?何かおかしい?
気温が30度を超しているにも
かかわらず(ー_ー)!!じとっとし
た暑苦しさが無い、むしろ少し風
が吹くとさわやかに感じられるほ
どである。・・・が怖い。

 昨年、日当たりが悪い場所が原因だと思うのですが?不作に終わったそば作りから早くも1年が経ち、本日そばの種蒔をしました。今回は飯田の町が一望できる日当たり良好の場所で、100坪弱のコジンマリとした畑なので、あまり人の力を借りずに済みそうです。
そば畑を気楽に楽しめそうです。

 7月25日 〈土起し〉2時間×3人
   31日 〈種蒔き〉1時間半×4人 
    ●   ●   ●
撮影日:7月31日 11時頃
撮影・コメント:のん太

 

 ◆ あばれ松川
 2006/07/20

 例年ならぼちぼち梅雨明けだが
、6月の少雨とは裏腹にここに来
て集中豪雨である。特に天竜川が
流れる伊那谷での被害が多く、岡
谷市では土石流で民家が襲われて
いる。
 梅雨は米等の作物を含む緑を育
てる大切な自然現象だがここ最近は豪雨災害の元凶と成っている。
これは人間が自然を侮り、粗末にして来たしっぺ返しだと思えてならない。

左の写真はのんび荘前の「風越プール」、普段は50センチ程水位が低く、
すき透った流れです。
右の写真はのんび荘近くのつり橋から見た「飯田松川」の濁流で、橋の欄干近くまで水位が上がっている。
    ●    ●    ●
撮影日:7月19日 10時頃
撮影・コメント:のん太

 ◆ 梅雨間の彩り
 2006/07/04

 九州では集中豪雨の被害で大変
だというが、こちらでは梅雨らし
い日は少なく、晴れ間の多い日々
これも異常気象の現象であろうか。
 
 そんな中でも、色とりどりの
紫陽花は毎年忘れず目を楽しませてくれる。
写真は対岸の公園に咲く「ガクアジサイ」
と「セイヨウアジサイ」である。
今年は挿し木に挑戦していずれのんび荘の
周りを紫陽花で彩りたいと思っています。
さて、結果は乞うご期待(^_^)
    ●    ●    ●
撮影日:7月4日 3時ころ
撮影・コメント:のん太

 ◆ 山の恵みいただきます
 2006/06/12

のんび付近にはこの時期、木苺・
グミ・さくらんぼ等が実ります。
我が家の子供たちは毎日学校帰り
に採って食べるのを楽しみにして
います。こんな遊びが出来る環境
をいつまでも残したいですね。

木苺の中でも、写真(左)はモミジイチゴで、最も味が濃く美味しいと言われています。完熟したものはラズベリーより甘味が強く、適度な酸味もあります。

写真(右)はトウグミ?実が俵状でないのが気になる。

撮影日:6月10日 10時頃
撮影・コメント:のん太

 ◆ 桜の後は・・・
 2006/05/08

例年になく好天に恵まれた、ゴールデンウィークと呼ばれる連休は終わり、山の麓もいつもの静寂さを取り戻しつつある。
4月の平均気温は例年に比べかなり低かったというのを聞いたが、それもあってか、今年はずいぶん長い間桜の花が楽しめた気がする。
だが、それも昨今感じる気象の異変のせいがあるのかと思うと、やや複雑な気分にさせられるのは正直なところである。
その桜も遅れ馳せに咲き始めた“八重桜”の類がそろそろ終わりを迎えるが、4月の後半から咲き始めた“山吹”は今が真っ盛りだ。
写真(山吹)はのんび荘の下、妙琴公園第2駐車場近くのもの。
寒暖の差を強く感じるこの頃ではあるが、まだまだこの辺りの自然は逞しい。公園の奥では“山ツツジ”も咲き始め、花の季節はもうしばらくは続くことになる。

◆    ◆    ◆
撮影日:5月1日(山吹)5月5日(山ツツジ)
撮影・コメント:黒衣(くろこ)

画像への直リンク並びに無断転用はご遠慮ください
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer