タイトル−のんび便り
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer
 ◆ そばの成長・4
 2004/08/27

今季最大の勢力を持つ台風16号が沖縄方面に接近中との事、
人的被害は勿論のこと、農作物の被害(取り分け私にとっては
蕎麦ですが)が心配です。

種蒔きから32日目の蕎麦畑。
背丈は先週と余り変わりがなく50センチから60センチ、
まだ蕾が多いが全体的に花がつき始めた。
1週間先位が蕎麦畑の一番美しい姿で、特に早朝、真っ白な
花と、ウヮン〜、ウヮン〜とミツバチの羽音に包まれた世界は
此の世のものとは思えない幻想的な空間です。
機会が合ったら是非味わって見てください。

少しマニアックに成りますが、蕎麦の花は他の穀類と違って唯一、
虫媒(虫の力を借りて受粉をする)で実を付ける穀物で、其の花と
虫(特にミツバチ)との関係は不思議と言うか、違う生き物同士の
密接な繋がりに感動させられます。

[蕎麦の花にはめしべの長い長花柱花を持った株と、めしべの短い短花柱花を
持った株があり、同じ株にある花の花粉とめしべ(長花柱花どうし、または、
短花柱花どうし)では、たとえ受粉しても実がなりません。
そこで蕎麦の花の受粉を助けるのに、ミツバチなどの昆虫が大活躍する訳で、
取り分けミツバチが蜜を吸うとき、長花柱花はおしべが短いから、花粉は
ミツバチの頭に、短花柱花はおしべが長いから、胸に花粉がつきます。
そうすると自然に、長花柱花の花粉は短花柱花のめしべに、短花柱花の
花粉は長花柱花のめしべに受粉しやすくなリ、実と成るわけです。]
蕎麦の花が考えたわけでもないのにとっても不思議ですね。

人間と他の生き物にもこのような関係がいっぱい有る筈なのに
此処のところ人間のほうが忘れているのでは。
       ●    ●    ●
撮影日:8月26日 10時半頃
撮影・コメント:のん太


 ◆ そばの成長・3
 2004/08/20

今日は台風の影響か風はあるものの、湿度は低く
爽やかな一日でした。

種蒔きから25日目のそば畑
背丈は40センチ〜50センチ
そばは葉や茎の成長と同時に花も少しずつ咲き続ける。
つまり太陽のエネルギーを葉と花と実が取り合うわけで、
上の方に実がなっていて、下の方ではまだ花が咲いている。
そばは一株で2000個も花を咲かせるが、其のうち実として
収穫できるのは、10分の1位です。
     ●     ●     ●
撮影日:8月19日 10時頃
撮影・コメント:のん太

 ◆ そばの成長・2
 2004/08/20

種蒔きから18日目のそば畑
店の方が忙しく1週間遅れの掲載になりスミマセン。
背たけは20センチ〜30センチで、太く、確りした
茎に育っています。
    ●    ●    ●
撮影日:8月14日 10時頃
撮影:マサ コメント:のん太

 ◆ そばの発芽
 2004/08/02

先週、7月26日に種まきして7日目のそばの双葉です。
前回の「のんび便り」に載せましたが、雪かきでの鎮圧
芽が出て一安心。来年からも是でいけそうです。
後、今年は例年より薄蒔きにしました。
小心者の私には収量が減るのではと、心配ですが、
密集した茎はヒョロとして細く、風で倒れ安いので
薄蒔きにすることで枝分かれした、太くて強い茎になれば
と思っています。

そばは「たで食う虫も好き好き」のタデ科の作物で、虫も付きにくい。
発芽さえすれば後は少々日照り続きでも朝露だけで成長するし、
成長が早い為、他の草より先に発芽すれば、そばの勝ち。
風で茎が倒れない限り雑草もあまり生えません。
・・・・第一段階クリアー、収穫までは風の吹くまま・・・・
     ●     ●     ●
撮影日:8月2日 9時半頃
撮影・コメント:のん太

 ◆ そばの種蒔
 2004/07/27

昨日は朝から雨、そばの種まきは明日に延期かと思っていたが、
昼前には雨は上がり午後から決行。
日照り続きで土が乾いていたので、此のお湿りは種蒔には好条件。
11回目のそば作りですが、一様の収穫はあるものの毎回
新たな課題が出てきて、それも楽しみの一つに為っている。
今回の種まきの画期的な進歩は、種を蒔いた後、土を鎮圧
(一つに鳩等の鳥害防止の為,種を土に潜らせる。一つに
種と土が密着することにより水分が種に行きやすい。)
してやるのですが、昨年までは足で踏んでいたのですが、
小さな足で満遍なく踏むのは重労働。
ところが今年は雪かきに子供を乗せ引っ張るだけ、
是が上手く行けば有難いのだが、
結果は乞うご期待。

少しピンボケですが、種まきの様子です。
右から、土を耕す、種を蒔く、土を押さえる
    ●   ●   ●
撮影日:7月26日 2時半頃
撮影・コメント:のん太

画像への直リンク並びに無断転用はご遠慮ください
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer