タイトル−のんび便り
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer
 ◆ 『桜』満開
 2004/04/10

本日、[桜]も[いわつつじ]も満開

そばを打ちながら窓越しにチラッチラッと
満開の桜の花を見ていた。
するとイラクの事が段々頭をよぎり出した。
3人の日本人捕虜のこと、其の家族のこと、
彼らを拘束している人達のこと、
砲火の中にいる人達のこと、
アメリカ政府のこと、アメリカ兵のこと、
日本政府のこと、自衛隊のこと、
.....、....、....、
そして今此処でそばを打っている自分のこと、
もはや見えてる筈の桜の花は消えて無くなっていた。

そばを打ち終わり厨房に入ると、
花を求めて来たらしいお客さんで店は賑わっていた。

また満開の桜のことを思い出した。
     ●    ●    ●
撮影日:4月10日 2時半頃
撮影・コメント のん太



 ◆ [のんび荘]の面々(のん太)
 2004/04/08

実に心地良さそうと言うか、無防備と言うか、
…少し前までは寒さで震っていたのですが…
彼は春を感じているのですね。
彼の名は[のん太]と言い、[のんび荘]の年齢と一緒で
12歳に成ります。犬には厳しく(小さいのでも大きい
のでも牙をむき、向かっていきます)人には無関心で
(彼の愛すべき 5,6人の特定の人以外)
歳のせいか、明るい時はほとんど寝ています。

前回の[のんび便り]で掲示した椎茸ですが、食べ頃を
全て猿に摂られていました。(`−´)まったくもう
どうして猿かと言うと、店の入り口に三つ四つ残って
吊り下げられていた干し柿もなくなっており、
おまけにその下に殆んど繊維質の糞が残っていたからです。
(足場の無い宙吊りの物を取れる動物は猿しか考えられない)
一説によると、人間も泥棒に入る前、緊張からか、
その家の近くにウンチが残してあると…?。
汚い話でスミマセン。
         ●    ●    ●
[のんび荘]周辺の花情報 
桜・・・2,3分咲き  いわつつじ(みつばつつじ)・・・8分咲き 

撮影日:4月8日 11時頃
撮影/コメント:トシ 改め のん太

 ◆ 春の恵み(椎茸)
 2004/04/02

自然の恵みとは少し違いますが、昨夜からの雨で、
親指ほどの椎茸の芽が一日で食べ頃になりました。
初物です。

自然界での椎茸が出る季節はいつか知ってました?
元々は春の茸のひとつで〈私は飯田に住むまで茸は
秋のものだと思ってました〉
種菌の改良によって春取りと春秋取りが出来たそうです。
ちなみに「のんび荘」の椎茸は春秋取りで、一年に
二回取れるので椎茸好きの私には有難いことです。
採りたてのを酒と醤油で焼くと応えられませんね。

そばを打ち始めた頃、そばつゆの出汁を
山間地で住みながら如何して海の鰹を使うのか…
此の近辺には立派な出汁、干し椎茸が有るのに…と
しばらくの間、干し椎茸だけを使ったことがあります。
実は料理の世界ではご法度で、椎茸だけで強い出汁を摂ると
ドブ臭さが出て美味しくない。ジャンジャン(^o^; アハハ
     ●     ●     ●
余談ですが、化学調味料を使わない美味しいラーメン屋さん
ないかな―

撮影日:4月2日 11時頃
撮影・コメント トシ




 ◆ 春の恵み(野カンゾウ)
 2004/03/25

此の時期、[のんび荘]から風越プール(コンクリートで作ら
れたプール状の溜池で、飯田でこう呼ばれてきた)越しの
高台に、新緑の絨毯が敷かれたように見える。
それは全て[野カンゾウ]です。
カンゾウには、主に八重の花の[藪カンゾウ]と一重の花の
[野カンゾウ]とがあり、霧が峰高原で6月の終わり頃?一面
お花畑になるニッコウキスゲもこの種かと思うのですが?
此の[野カンゾウ]の若芽は美味しい山菜の1つで、お浸し、
味噌汁の具、炒め物など、くせが無くシャキッとした食感で、
色々な楽しみ方ができます。
私達家族も此の地に住み始めた頃、お金が無く貧しい生活の中
で、近場でこの美味しい食べ物にありつけ感激し、自然の恵み
を有難く感じたことが思い出されます。そして何より怪しい食
べ物がいっぱいの昨今贅沢な食べ物と言えるでしょう。

注意…野の物は根こそぎ採りつくさないでください。
   そうすれば毎年恵みの恩恵に与ることができます。
       ●     ●     ●
撮影日:3月25日 9時頃
撮影.コメント:トシ


 ◆ もみじの芽吹き
 2004/03/18

エー?芽吹き?何が芽吹きや、と思うでしょうが、
チャンと芽吹きは始まっているのです。
接写の写真をもう1枚載せたいのは山々ですが、
[のんび便り]には1枚の写真しか載せれなくて
スミマセン<(__)>
奥に見える赤い吊橋や川の流れは、恐らく2ヶ月位で
薄緑の若葉で覆い隠されてしまいます。
此の短期間の様変わりはエネルギシュで感動ものです。
(我の姿に置き換えると恥ずかしいモノがありますが)
様変わりの様子は随時お知らせします。
       ●    ●    ●
窓枠と昔の板ガラス(真平らでなく歪がある)越しに見える此の景色は
絵画の世界の様でも在り、乙な物です。

撮影日:3月18日 10時30分頃
撮影・コメント トシ


画像への直リンク並びに無断転用はご遠慮ください
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer