タイトル−のんび便り
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer
 ◆ 梅雨空の下で
 2013/06/20

例年になく早々と入梅したものの、6月の前半は雨は少なく、各地で水不足が懸念されている。今週に入り、やっとまとまった雨にはなってきたが、それでもいつもの降水量に比べるとまだ少なめなのだろう。
シトシトと降る、そんな梅雨らしい天候が減っているように感じるが、降れば豪雨の昨今、空梅雨の後に来る雨が気にかかる。そんな6月の後半、早々台風4号が列島を窺っているようだ。

6月21日は“夏至(げし)”。夏に至ると書くこの夏至(げし)は文字通り夏の始まりを示したものだが、知っての通り一年中で一番昼が長い日とされる。冬至のように、この日に何かを食べる風習があるのか、少々気になりネットで調べてみたが、「尾張地方の一部で無花果田楽を食べる」、「大阪の一部で夏至から11日目までの間にタコを食べる」などが出てきただけである。どうも夏至の場合は統一的な風習はないようだ。
さて、暦上ではこの夏至(げし)から夏が始まるわけだが、猛暑が増えたと感じる昨今に、今年はどんな夏がやってくるのか、やはり気になるところだろう。そんな心配をよそに、山麓の木々や野草たちは、いつも通り、夏の勢力争いに勝利すべくその生息範囲を広げ始めている。
今年の梅雨も中盤から後半にさしかかるが、訪れる人も少なくなるこの時期の山麓に、梅雨空の下の散策も悪くはないと感じる。そろそろ山紫陽花(やまあじさい)も咲き揃うころである。

◆    ◆    ◆
写真1枚目:街道から「のんび荘」に下りる道沿いに咲く「山紫陽花(やまあじさい)」。園芸種にある「額紫陽花(がくあじさい)」との違いは葉にあるようですが、正直よく分かりません。
写真2枚目:同じく街道から「のんび荘」に下りる道沿いに自生する「紅葉苺(もみじいちご)」。この時期結実します。当然実は食べられますよ。
撮影日:2013年6月15日。天気曇り。
撮影・コメント:クロコ。

Facebookのアルバムにこの日撮影された写真が載っています。もし気が向いたらそちらも見てください。(Facebookにログインしなくても見られます)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.475176342558188.1073741853.100001974796306&type=1&l=0f8a0fdfef
なお、載っている野草は「山紫陽花(やまあじさい)」と「紅葉苺(もみじいちご)」だけなので悪しからず。

 ◆ 卯の花の咲くころ
 2013/05/27

5月も残りわずか、日替わりのように繰り返す寒と暖に少々へたり気味のこの頃である。月の後半には気温も急上昇、季節は確実に夏に向かって動いているようだが、梅雨前の真夏日にはさすがに身体が悲鳴を上げる。
今年、冬の降雪の少なさに今後の水不足が怪訝されるが、稲作を始め、農家の忙しさが本格的になってくる時期、街道沿いでは、すでに田植えを終えた水田が見られるようになってきた。そんな田植えの季節、山麓ではもう「空木(うつぎ)」の花が咲き始めている。
「空木(うつぎ)」。卯の花(うのはな)として唱歌“夏は来ぬ”の歌詞に出てくることは誰しも知るところだが、その歌詞からも、自然と共に生きていた昔の人の暮らしぶりが覗える。万葉集を含め、正岡子規、与謝蕪村など多くの歌人がこの花を詩に詠んでいるということだ。

そういえば、最近は田植えの時期には必ず聞こえてきた蛙の合唱が聞こえなくなった。それだけ我が暮らしの周りから、水田がなくなっということと思うが、経済失速の歪から、すでに破綻したように思える経済のシステム、やっと軌道修正されるかと思っていたが、その歪を増大させながらますます加速しているようだ。そんな「経済主導型・企業最優先」の今の社会形態は、人の未来に暗い影を落としているように見える。
卯の花(うのはな)の登場する、この歌に出てくるような、そんな風景の残る豊かな環境くらいは、せめて、次の世代のために残したいものである。

◆    ◆    ◆
写真:2枚とも、街道から「のんび荘」に下りる道沿いに咲く「空木(うつぎ)」。
近くで見ると意外と騒々しい花である。
撮影日:2013年5月25日
撮影・コメント:クロコ

唱歌「夏は来ぬ」。
歌詞→ [http://mytown.main.jp/blog/wp-content/uploads/2006/05/natuhakinu.txt]

 ◆ 新緑の季節
 2013/05/10

大型連休も終わり、気が付けば5月も第2週目。統計によると、5月は一年を通じて一番晴天の日が多いとのこと。梅雨の前の穏やかでもっとも過ごし易い時期ということになるが、最近は風が強く、かなり寒暖の差が大きい。それでも晴れた日などは、温かな日差しが優しく身体を包んでくれる。そんな気候に誘われて山の麓を歩いてみれば、淡い緑色の木々の葉が、春風と共に迎えてくれる。そろそろ春もピークとなるのだろうか。
そんな5月の気候を表すのに使われる「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉がある。まるで穏やかな5月の気候を象徴するかのように使われることが多いが、本来この言葉は梅雨の合間の貴重な晴れ間のことを言ったもの、「五月雨(さみだれ)」と共に、梅雨の気候を表した言葉ということである。5月をさす「皐月(さつき)」は旧暦の5月のことで、6月中旬頃の、梅雨真っ只中となる。
ちなみに、「五月(さつき)晴れ」は「皐月(さつき)晴れ」、「五月雨(さみだれ)」は「皐月雨(さみだれ)」とも書かれ、「さつき」は、田植えの時期を表した「早苗月」が語源といわれている。季節に生きる民族として、その語源くらいは知っておきたいと思う昨今だが、季節感さえ感じなくなる、経済中心の現社会の流れは、やはり寂しく思える。
今、山麓の「妙琴公園(みょうきんこうえん)」では、植えられたツツジが公園の入り口付近を飾り始めている。正直、観賞用に人の手で植えられたものあまり好まないのだが、咲き揃えば結構見事である。

◆    ◆    ◆
写真:
1枚目は、妙琴橋(つり橋)から撮影。山の春色パッチワークが見事です。
2枚目は、言わずと知れた、ヘビイチゴの花です。
撮影日:2013年5月3日・5月6日
撮影・コメントは、クロコでした。

なお、FaceBookに5月6日に撮影した「のんび荘」周辺の新緑などの画像がアップしてされています。
「新緑の季節(撮影:2013年5月6日)」
Facebookにログインしなくても見られます↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.460125027396653.1073741843.100001974796306&type=1&l=f3f20600ad

 ◆ 花の季節
 2013/04/09

4月に入り、そのまま春めいてくるのかと思いきや、気温も気候も安定しないようである。各地に爪あとを残した先日の「春の嵐」だったが、例外なくこの山の麓も強風が吹き荒れた。野外に席のある「のんび荘」では、野外テーブルの一つが壊れたようだ。
今日あたり、店主はその修復に頑張っていることだろう。

この時期、発達しながら通り抜ける低気圧の影響で荒れることが多いが、年々それが強まっているように思える。その低気圧が北に移動すれば、一時的に冬型の気圧配置が強まることになり、結果、気温は低下する。この日も防寒具が必要となった。
そんな風雨の中、遅れ馳せに咲いた山麓の桜たち、その“咲き始め”という時期が良かったのか、散らずになんとか持ちこたえたようである。
三寒四温というにはあまりに気温の差が激しい昨今だが、4月から5月、春本番に向けて、山吹・ツツジと、この山の麓は華やぐ季節に入っていく。そんな山麓の風景の中で、風の持つ意味、雨の持つ意味、季節がある意味、そして人の存在の意味を考えてみる。

◆    ◆    ◆
写真:
1枚目、「のんび荘」横、川沿いに咲く桜。多分、ヒガンザクラ系。
2枚目、その桜の花のアップ。花は小さく楚々として可愛い。
撮影日:2013年4月7日
撮影・コメント:クロコ

なお、FaceBookに3月の後半から4月にかけての山麓の野草などがアップしてされています。
「2013年、風越山麓の春の花たち(撮影:3月20日〜4月7日)」
Facebookにログインしなくても見られます↓。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.447886598620496.1073741837.100001974796306&type=1&l=1733cb1a81

 ◆ 春は近し?
 2013/03/03

例年より早い気温低下が見られた今季、春の訪れも早いのかと思いきや、繰り返しやってくる寒波の影響か、なかなか春めいては来ない様子。もう寒さはごめんと、上がっていく灯油価格を気にしながら暖房機にしがみつく毎日だが、ここに来てようやく春らしい兆しが見え始めたようだ。日中の気温も上がり始め、差す日の光が強くなってきているのがはっきり分かる。ニュースなどでは日中20℃を超えたところもあると報じていたが、どうも今年の春は一気にやって来そうな気配。すでに今は3月、今月の5日はもう啓蟄である。

その啓蟄に動き出す虫ではないが、見えない春を求めて山麓辺りを久々に散策してみた。日陰にはまだ雪が残っているが、けっこう日差しは温かい。
冬眠休業から目覚めた「のんび荘」を横目に、その近くを流れる「松川」の川原に降りてみた。川原には猫柳が見える。1月ごろは2・3個ほどであったその“銀ボタン”、まるで遅い春を促すように、すでに枝一杯である。道端の、日のあたる場所には、わずかだが、ハコベ・イヌノフグリなどの野草の花も見えていた。
来月にはもう花の季節が始まる。この山麓辺りが、茶色から芽吹きの色に変わるのももうすぐだろう。

◆    ◆    ◆
【写真】
一枚目:のんび荘の横を流れる「松川」の川原の猫柳。もう枝いっぱいに銀のボタンを付けている。
2枚目:のんび荘の川向こう「妙琴公園」近くの道端に見つけたハコベ。去年より、かなり遅い感じである。
撮影日:2013年3月1日・3月2日
撮影・コメントはクロコでした。

画像への直リンク並びに無断転用はご遠慮ください
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer