タイトル−のんび便り
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer
 ◆ ツツジに包まれて
 2010/05/08

ゴールデンウィークが終わり、山麓公園辺りもいつもの静寂を取り戻しつつある。
山の麓では、そろそろ、山吹の花が終わりを迎え、山ツツジが咲き揃い始める頃となる。初々しい葉に覆われた木々の緑と、山ツツジのオレンジ色が織り成す鮮やかなコントラストがなんとも良い。また、それを囲む山々は、針葉樹の濃い緑と広葉樹の淡い緑の、春色のパッチワークを作り上げ、訪れる人達を優しく包み込んでくれる。穏やかに晴れた日にこの辺りを歩いてみれば、きっと浮世の憂さも晴れることだろう。
大きな寒暖の差のせいもあるのだろうか、季節の移り変わりに例年とは違うものを感じる今季だが、それでも、新緑とその向こうにある深緑の季節へと、自然は確実に変わっていく。

◆    ◆    ◆
写真1:大平街道から「のんび荘」まで降りる道沿いの「妙琴ツツジ園」の山ツツジ
写真2:「のんび荘」の川向こう「妙琴公園」のツツジ。
撮影日:2010年5月6日
撮影・コメント:クロコ

 ◆ 山の麓も桜の季節
 2010/04/07

4月に入り急激に春めいてきた。しかし、繰り返す大きな寒暖の差には、我々人は固より、木々も野草たちも、かなり困惑しているのではないのだろうか。それでも季節は、本格的な春に向かって大きく舵を切った。市街地ではすでに桜が満開の状態である。
例年ならば街中とはかなり時間差のある山麓の桜たちだが、今年は里の桜を追い掛けるように咲き始めている。個体の差こそあれ、すでに6〜7分咲き。かなり早い。
これから山の麓では、山桜を始め、三つ葉ツツジ、山ツツジ、山吹と、5月の連休を過ぎるころまで花の季節となる。周りが新緑に包まれる前の少しの間、春を訪れを賛美するような山の演出を楽しむのも良いものだ。
冬から春へ。気候変動の中、山の麓の自然は命溢れる季節に向かって今年も確実に動き始めている。

◆    ◆    ◆
一枚目:大平街道からのんび荘まで降りる道沿い「妙琴ツツジ園」の枝垂桜
二枚目:のんび荘の川向こう「妙琴公園」の桜。
撮影日:2010年4月6日
撮影・コメント:クロコ

 ◆ 春を告げる花
 2010/03/16

三寒四温の言葉の通り、寒さと暖かさが交互にやってくるのが今の季節。しかし、このところ続く大きな寒暖の差は結構身に応える。その影響はいたるところに現れているらしく、養鶏を営んでいる知人は、鶏の産卵率が極端に落ちていると嘆いていた。
そんな中、一ヶ月の眠りから覚めた「のんび荘」を背に、川沿いの道を歩いてみれば、まだまだ茶の色が勝る風景の中、枝に房のような黄色っぽい花を付けた木が目に入ってくる。「春を告げる花」といわれる「木五倍子(きぶし)」だ。あまり派手さはないが、この時期、小さな房状の花をつけて春が来たことを教えてくれる。どうやらこの山の麓は、大きく変わりつつある環境の中でも、いつものように、芽吹きの季節に向けて動き始めているようである。
この地が新緑に包まれるまでにはまだ間があるが、木五倍子(きぶし)の花は静かに風に揺れながら、今年も確実にその時が来ることを告げていた。

◆    ◆    ◆
木五倍子(きぶし):キブシ科キブシ属の落葉低木、学名・Stachyurus praecox
撮影日:3月8日
撮影とコメント:クロコ

 ◆ 年賀2010年
 2010/01/01

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は格別なご愛顧に賜り、誠に有難うございました。
2010年、寅年の幕開けです。本年が、皆さまにとってより良い年になりますことを、心よりお祈りいたします。
今年も相変わらずのご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。

一月は6日より通常営業となります。

 ◆ 紅葉まっ盛り
 2009/11/13

風が冷たい季節となりましたが、のんびの周りは今紅葉が見頃です。
自然の織りなす生命ある絵画にはアッパレ!!
毎年感動させられます。
白い雪化粧となる前にしっかり楽しみたいところである。

画像への直リンク並びに無断転用はご遠慮ください
最新のページへ Back Next リストのページへ 管理モード Spacer